森和彦

森和彦さんは、愛知県名古屋市にて作陶しています。

食器はシンプルな作品が中心で、焼〆、灰釉など、本当にお料理や食材が映えます。

近頃、粉引の食器にも意欲的に挑戦され、作品が増えてきています。

また、モダンな焼〆のポットや片口も制作され、食卓のアクセントの役割を位置づけております。

森和彦さんの作品で忘れてならないのは花器です。シンプルでモダンな焼〆による花器は、野の花をやさしく受け入れ、優雅な空間を造り出します。

一輪差しから、大きな水盆などを作陶されています。

焼〆の花器は、和の花にも、洋の花にも、よく似合います。

 


森和彦 粉引き7寸皿

21cmの粉引のお皿です。深みがありますので汁気のあるお料理に最適です。シンプルな作りなのでザックリお料理を盛ってみてください。すっと受け止めてくれる器です。人参、じゃがいもを入れたゴロゴロシチュー料理にも粉引のお皿は活躍します。野菜サラダもびっくりする程上手く盛れました。側面からみますと高台から縁に向かってスッキリ持ち上げた形が大変美しい粉引7寸皿です。重ねも大変良いです。お値段もお手頃です。

サイズ21×21×5cm

¥4,320

  • 在庫あり
  • お届け日数:1~3日