大蔵達雄


形のこだわり、轆轤から塗りまでの一貫作業

大蔵達雄さんの漆の作品は、根来塗を中心に作られております。

その昔、奈良東大寺にて使用されていた「根来日の丸盆」に魅せられた漆作家・大蔵達雄さんは、古来の根来塗(ねごろぬり)を現代に再現する第一人者です。

木地を選び、デザインを考え、塗りまでの全工程をこなす大蔵達雄さんの作品は、シンプルな中に力強さを秘めています。

また、対極的な墨黒盆の黒漆は、キリッとモダンに仕上がっていますので、洋風にもセッティング出来る作品です。

根来塗も墨黒も、同じように和洋上手にお使いいただける作品といってもよいでしょう。