山本博


暖かな染付の器

山梨県勝沼市の広大な庭で様々な植物に囲まれて制作されている山本博さんは、ご自宅に咲く草花を呉須絵で表現されています。呉須で描く緻密な文様は、菊唐草文始め、ボタン文、タンポポ文、今ではクレマティスも加わり、美しい器を制作しています。

食器のアイテムは数多く「お料理大好き」な方々には、目の離せない食器作りの方です。

使い勝手もよく、和洋の幅広い料理にお使いいただけます。