東直人


端正な仕事

東直人さんは、粉引、灰釉、赤絵、織部と、様々な仕事をしていらっしゃいます。

器の形状もバランス良く揃っているのは、東さんが日本料理を大変意識しておられるからだと思います。中でも、織部の安定した美しい緑色はさわやかで、お料理に映えます。

器の重なり、また手に持った具合も程良く軽く作られ、作者の丁寧な仕事ぶりが伝わる、そんな器の数々です。特に織部の緑は料理を際立たせます。