松尾貞一郎


使いやすい磁器の器

付磁器を中心に染作陶されています。

九州有田の地で、企画デザインを経て独立、土物も手掛ける多才な松尾貞一郎さんです。

呉須で古典的な絵柄を現代的に大胆に描き込んだり、ドットのようなモダンな模様まで自由自在に表現されています。器の形状はシンプルでバランスの取れたフォルムなので、幅広い料理に美しく調和します。

(磁器は高温で焼成されているので陶器より強く仕上がっています。陶器よりもお手入れが簡単で、扱いやすいです)