森和彦


シンプルでスタイリッシュな器

森和彦さんは、愛知県名古屋市にて作陶しています。

食器はシンプルな作品が中心で、焼〆、灰釉など、本当にお料理や食材が映えます。

近頃、粉引の食器にも意欲的に挑戦され、作品が増えてきています。

また、モダンな焼〆のポットや片口も制作され、食卓のアクセントの役割を位置づけております。

森和彦さんの作品で忘れてならないのは花器です。シンプルでモダンな焼〆による花器は、野の花をやさしく受け入れ、優雅な空間を造り出します。

一輪差しから、大きな水盆などを作陶されています。

焼〆の花器は、和の花にも、洋の花にも、よく似合います。