谷道和博


ふんわり本物の宙吹きガラス

宙吹き(ちゅうぶき)ガラス工法は、高温の壺の中で溶かしたガラスの塊を吹きザオに巻き取り、息を吹き込みながら中空で成形します。

谷道和博さんは、40年余り食器を中心に宙吹きガラスを製作しています。

独特のふんわりと柔らかな味わい深い作品は、沢山の人々を魅了してきました。

季節を問わず、陶磁器と一緒に使っていただけたら嬉しいです。